ノンフィクション

昭和・平成タブー事件 ~犠牲になった女たち~第1話ネタバレ感想!元ネタは2007年闇サイト殺人事件!

スポンサーリンク

今記事では朱目キクヤさんの「昭和・平成タブー事件 ~犠牲になった女たち~」第一話(comic RiSky(リスキー)) のネタバレ感想・無料で読む方法と元ネタについてお届けします!

 

なんというか、本当に読んでいて胸糞が悪くなってしまいましたが…。

 

記事の最後でも紹介していますが、Amazonが提供する読み放題サービスKindle Unlimited月額980円初回30日間は無料!)でレディコミ・女性コミックだけでなく、様々なジャンルの本が約200万冊読み放題の電子書籍サブスクのガリバー的存在です!

 

最初の30日間で解約すれば、当ブログで紹介した漫画のほとんどが無料で読めてしまうので、ぜひ体験していただければと思います!

 

↓↓↓お申し込みはこちら↓↓↓

 

「昭和・平成タブー事件 ~犠牲になった女たち~」第一話の元ネタ・感想

元ネタ・闇サイト殺人事件

闇サイト殺人事件(やみサイトさつじんじけん)とは、2007年(平成19年)8月24日 - 25日にかけて日本の愛知県名古屋市周辺で発生した強盗殺人などの事件。

インターネットの闇サイト「闇の職業安定所」[注 4]で知り合い、犯罪によって金を得る目的で共謀した男3人組(KT・堀慶末・「山下」)が、8月24日深夜に名古屋市千種区内の路上で、帰宅途中の会社員女性A(当時31歳)を拉致し、自動車内に監禁[13]。翌25日未明にかけ、同県愛西市内の屋外駐車場で、被害者Aを脅迫してキャッシュカードの暗証番号を聞き出し、金品を奪ったほか、Aの顔面に粘着テープを何重にも巻きつけたり、金槌で数十回にわたり頭部を殴打するなどして殺害[13]。その後、3人はAの死体を岐阜県瑞浪市内の山中に遺棄し、奪ったキャッシュカードで預金の引き出しを図ったが、Aが生前に教えた暗証番号は虚偽だったため、引き出しには失敗[17]。3人はさらなる犯罪を計画していたが、加害者の1人(「山下」)が解散後に自首したことで事件が発覚した。

wikipediaより引用

「昭和・平成タブー事件 ~犠牲になった女たち~」第一話のネタバレ・感想

上述した実際に起った事件がほぼネタバレの話です。

 

もうなんというか…

 

ただただ胸糞が悪くなった…

 

という感想ですね。

 

最後一人の「死刑が怖いから」という理由での自首により

 

全員捕まってしまいます。

 

自首した奴は無期懲役

 

他の2人は死刑と、

 

厳しい判決がくだされました!

 

当然の報い!

 

「昭和・平成タブー事件 ~犠牲になった女たち~」第一話のまとめ

本当に人の心を持たない人間はいるのですね。

しかもこれが実際の事件と聞き、更に胸が痛くなりました。

このような事件が消え去ればよいのに…

 

以上でした!

おすすめ電子書籍漫画サービス

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの特徴
・月額980円で読み放題(税込)
30日間無料トライアルあり(無料解約OK!)
・読み放題漫画の数は50,000冊以上!
・その他雑誌・小説・ビジネス本など一般書も含めると200万冊以上読み放題!
・電子書籍のパイオニアで専用端末も使いやすい!

シーモア読み放題

シーモア読み放題の特徴
読み放題フルなら月額1,480円(税込)
読み放題ライトなら月額780円(税込)
7日間無料トライアルあり(無料解約OK!)
読み放題漫画の数はフルなら80,000冊以上!
読み放題ライトなら30,000冊以上!
全巻読める漫画が多く、レディコミだけでなくBL・TL漫画も豊富です!

U-NEXT

U-NEXTの特徴
月2,189円、毎月1,200pt無料配布で最新漫画2冊が実質読み放題
31日間無料トライアルあり(無料解約OK!)
80以上の雑誌・映画やドラマやアニメ20万本が見放題!
無料登録で600pt貰えるため1ヶ月で解約すれば漫画一冊完全無料で読める!

-ノンフィクション
-,

Copyright© 漫画はいいよな , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.